HyperOctagonStation > 仮想訓練中華新聞

 ・バックナンバー


仮想訓練中華新聞 第12版

一部のプレイヤー以外には何の興味も呼び起こさないであろう
仮想訓練計画のあんなことやこんなことを勝手に新聞形式でお届けします。

謎のスクリーンショット画像が流出。
10月4日、閑古鳥が鳴いていた中華新聞編集部に突然謎の画像が送られてきた。(下記画像。クリックで拡大)
よりにもよってダメージ表示画像であり実に見づらい画像なのだが、COM?というプレイヤーが散見される。アイコンが全て同じなのも非常に気になるところである。
また、左側のプレイヤーリストや画面内に確認できるプレイヤーの数から13人〜14人程度での戦闘と思われるが、解像度が低くレーダーから全ての人数を数えることができていない。
現在の仮想訓練計画の状況からしてこれだけの人数を揃えることは困難であり、COMという名前からしてコンピュータによる仮想自律制御ロボットの可能性があるが、Reboot計画において自律制御ロボットの開発は行われていないとされている。
さらにステージは中華街、平野、迷路、Ver155追加マップのいずれとも似通っていない新型ステージのようだが、平野マップのテクスチャ改造型の可能性も残されている。特に画面下に見える空はステージが平野のように床すり抜け防止の裏打ちがなされていないことを表している可能性が高い。
現在編集部はこのスクリーンショット画像の出元についての調査を進めている。

-広告欄-

-広告欄-

スクープ記事募集中!感想もこちらまで。
広告についてのお問い合わせ、掲載希望も受け付けております。

sen_virtualnews@pioneer.la